ベトナム人の子供、スコットランドに人身売買か

ベトナム人の子供、スコットランドに人身売買か

スコットランドは、首都に人身売買されている恐れのあるベトナム人の子供の数について警告を発した。

 

月曜日の報道で、同国の新聞「スコットマン(Scotsman)」は、エディンバラ警察が、市内の空港で16人のベトナム人の若者を見つけ、過去18ヶ月間、通りをさまよっていた可能性があると語った。

 

彼らは、大麻農場や英国のネイル・バーで働くために、暴力団によってロシア経由で人身売買されたとみなされている。

 

公式の情報によると、同市で世話を受けている海外の子どもたちの数は33人に増加し、年間100万ポンド(1億3500万ドル)のケア料金を追加する可能性がある。

 

2014年の国家犯罪庁の調査によると、大麻栽培を含むイギリスで犯罪活動を強いられた人身売買被害者のほぼ3/4がベトナム人であったという。

 

先週、英国の独立奴隷反対委員会のケヴィン・ハイランド氏は、ベトナムから人身売買された少女や女性の搾取に取り組むために、ネイル・バーを厳しく規制するよう求めた。

 

同氏の報告書によると、人身売買業者は、ベトナムから英国に人々を密輸するために10,000〜33,000ポンド(13,500〜44,700ドル)を支払っているという。

 

被害者の半分以上が子供であり、多くは性的にも悪用されていると同氏は述べる。

e.vnexpress.net

 

注目のベトナムニュースを楽々チェック!
POSTEのLINEアカウント登録はこちら

Add Friend

 


 

ハノイ・ホーチミン・ダナン・プノンペンの
おすすめのレストラン・スパをご紹介!

こちらをクリック!

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories