ハノイ:外出自粛要請も、多くの住民が運動や散歩などで外出

2021年06月01日(火)15時44分 公開
ハノイ:外出自粛要請も、多くの住民が運動や散歩などで外出

<写真:tuoi tre>

 

ハノイで公園などを含む公共の場所での集会や運動が制限されている中、規定に従わず外での運動をしている住民が多く見られるという。

トゥオイチェー(電子版)が報じた。

 

Chu Xuan Dung副人民委員長は、Hoang Mai地区のタイムズシティで新型コロナウイルス感染者が出たことを受け、コンドミニアムの管理部門に対して、住民が集会禁止などの規定を遵守するよう管理の強化を命じていた。

地元当局は住民に対して、新型コロナウイルスの感染を防止するため、不要不急の外出は控えるよう要請している。

しかし、多数のアパートの住民は要請に従わず、外出しているという。

 

Nam Tu Liem地区のアパートでは、30日午後にショッピングモールの前で過ごす人が多く見られ、マスクを着用していない人もいた。

Tay Mo街区に居住するLan Anhさんは、外出が制限されていることは知っているが、ずっと家で過ごすことはできないと話した。

Anhさんは2週間在宅勤務で家にこもっており、マスクを着用して子供と外で新鮮な空気を吸いに来たと続けた。


My Dinh 1地区に居住するHoaiさんは、マスクを着用して外で空気をするのは許されることだと思うと述べ、マスクを着用せずに集まってシャトルコックや凧揚げ、サッカーなどをしている人に対して罰するべきだと話した。

 

<5月30日、 Nam Tu Liem区の歩道で集まる人々>


<5月30日、ミーディンスタジアムの前を散歩する人々>

 

<Tay Mo街区人民委員会のトラックが集会禁止を知らせる様子>
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板