食肉大手ビサン、3〜4週間の生産中止提案 社員の新型コロナ感染で

2021年07月29日(木)16時29分 公開
食肉大手ビサン、3〜4週間の生産中止提案 社員の新型コロナ感染で

<写真:VN Express>

 

ベトナム国営の食肉最大手ビサン(Vissan)は、従業員43人が新型コロナに感染したことを受け、生産を3〜4週間中止することを提案している。

 

6月28日から従業員に対して頻繁に新型コロナの検査を行なっていたというビサンは、7月17日までに4人の新型コロナ感染者を確認し、集中隔離施設へと送ったという。

その後、23日の時点で計43人の感染者を確認したという。

 

これを受け、ビサンは28日にスーパーマーケットや食品店への供給を公式に停止。

ビサンがVNエクスプレスに伝えた内容によると、同社は現在関連当局からの指示を待っているという。

 

ビサンによると、同社ではF0(感染者)43人の他、 F1(F0の濃厚接触者)が357人、F2 (F1の濃厚接触者)が351人確認されており、生産が麻痺している状態だと話している。

ビサンはホーチミン市に600の販売拠点を持ち、従業員1500人を雇用して多数のスーパーマーケットや伝統的市場に供給を行なっている。

 

同社は感染が確認された従業員全員を集中隔離施設へ送り、他の従業員に検査を行うとしている。

陰性が確認された場合には生産ラインに配属し、3日ごとに検査を行うという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板