中国製スマホ、第2四半期にベトナム市場シェア50%

2021年08月10日(火)13時24分 公開
中国製スマホ、第2四半期にベトナム市場シェア50%

<写真:VN Express>

 

香港に拠点を置く調査会社カウンターポイント・リサーチ(Counterpoint Reserach)によると、今年第2四半期、ベトナムのスマートフォン市場において中国スマートフォン企業が約50%のシェアを占めたという。

 

中国スマートフォン企業では、シャオミ(Xiaomi)、オッポ(Oppo)、ビーボ(Vivo)が合わせて45%のシェアを占めたという。

中国スマートフォン企業以外では、韓国・サムスン(Samsung)とアメリカ・アップル(Apple)が合計で44%のシェアを占めた。

 

今年第2半期のベトナムのスマートフォン市場の売上は、前年同時期に比べ、11%増加。

ベトナムで最もシェアが高かったのはサムスンで、シェア率は37%にものぼる。

 

次いで多いのがシャオミで17%、オッポが3位に続いた。

アップルのシェアについては、中国製や韓国製に次いで5番目だ。

 

ベトナムの小売業者も同様の傾向があると報告しており、第2四半期に最も売れたスマートフォン端末10種類のうち、5種類は「Oppo the A15」や「Oppo Reno 5」、「Vivo Y20」などの中国製だったという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板