~ハノイ~外国人でも購入できる注目の新築マンション特集!

耳寄り情報 耳寄り情報 2019年12月11日


~ハノイ~外国人でも購入できる注目の新築マンション特集!

近年、外国人の不動産所有に関する規制が緩やかになり、日本人を含めた外国人がマンションを購入する例が増えています。

その中でも、今回は外国人でも購入でき、さらに資産価値も高くなりそうな立地の物件を紹介します。

 

 

ミペックルービック360

 

Xuan Thuy通りのインドチャイナの近くにできる新築マンション!

これからできるハノイ都市鉄道3号線の駅から徒歩2分と不動産選びでは欠かせない駅近条件もクリア。

デベロッパーはハノイでもいくつか実績のある「MIPEC社」。

イオンモール近くのLong BienやTay Ha通りにあるロッテマートがあるマンション等も手がけているデベロッパーです。

マンション低層階にはスーパーマーケットや衣料品店、レストラン等の商業施設もあるので生活にもとても便利!

日系企業が設計を行っているのもアピールポイントの一つです。

平均平米単価も2,000USDと手が出しやすい価格帯です。

  • 例)80㎡2ベッドルーム:16万ドル

 

 

グランドュアパレス

 

Giang Vo通り、ハノイ都市鉄道2A号線と3号線とその他複路線のターミナルとなるCat Linh駅の斜め向かいにできる新築マンション。

日本人駐在員が多くお住まいのランカスターの近くといえば分かりやすいでしょうか?

当然のことながらターミナル駅の目の前であり、資産価値としては十分な期待ができるといえそうです。

「ミペックルービック360」と同じく低層階には商業施設、トップフロアにはゴージャスなスカイバー、レストランができる予定です。

平均平米単価は約3900USD、値段は少し張りますが立地を考えると妥当ともいえるのではないでしょうか?

  • 例)80㎡2ベッドルーム:31万2000ドル

 

 

まとめ

 

これからできるハノイ都市鉄道のことを考えるとハノイの街も日進月歩で変化していくことでしょう!

皆様ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

ハノイでの不動産購入のお問い合わせはトンキン不動産へ

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>