ハノイでオフィスビルを借りるならここ! 安心のオフィスビルを紹介

生活基本 生活基本 2019年03月09日


ハノイでオフィスビルを借りるならここ! 安心のオフィスビルを紹介

ハノイでおすすめのオフィスビルはどこなのでしょうか?

ハノイでは近年、高層ビルが次々に立っており、日系企業の進出も進んでいます。ベトナム日本商工会のデータによると2017年時点で684社の日系企業がベトナム北部に進出しており、今後さらに進出が進むと言われています。

 

ベトナムに進出する際に企業が気になるのがオフィスです。今回はハノイでオフィスを探しているけれどわからないという方におすすめのオフィスビルとオフィスビルの紹介を行なっている不動産会社を紹介します。

 

 

オフィスビル

 

ハノイにはオフィスビルが数多く立ち並んでいます。

オフィスビルといっても地元企業向けから外資系向けまで様々です。

ベトナム人スタッフや日本人従業員を抱える企業にとって従業員が通勤しやすい場所を選んだり、セキュリティが整っているビルなど考慮しなければいけないことがたくさんあります。

ここではハノイにあるおすすめのオフィスビルを紹介します。

 

サンレッドリバー(Sun Red River)

「サンレッドリバー(Sun Red River)」はハノイ中心、ホアンキエムに位置しているオフィスとレジデンスのある複合型ビルです。

大手外資企業や大手日系企業が入居しています。

また、ビル内には銀行や日本食レストラン、日系スーパーなどが併設されているため、とても便利です。

日本スタンダードなサービスが徹底されており、オフィスの入居率は常に高いです。

 

詳細情報

 

FUJI BISINESS CENTER(フジビジネスセンター)

「FUJI BISINESS CENTER(フジビジネスセンター)」は急速に発展を迎えている新都心、Kim Maエリアでサービスオフィスを提供しています。

日本人駐在員とスタッフが日本語でベトナムビジネスのスタートアップを手厚くサポートしており、入居日から事業開始可能なビジネスインフラを装備しています。

また、徒歩圏には多くの日系企業事務所、ビジネスホテル、日本食スーパー、レストラン、居酒屋等があり、利便性がとても高いです。

 

詳細情報

 

コーナーストーンビルディング(CornerStone Building)

「コーナーストーンビルディング(CornerStone Building)」はホアンキエム地区に位置するホアンキエム区内最大の貸床面積を誇るオフィスビルです。

東京や大阪、海外でオフィスビルを手がける日系企業のダイビルが運営を行なっているため、清潔感のある内装やセキュリテイなど細部まで配慮が行き届いています。

政府機関や各国大使館が入居していることからも、評判の高さが伺えます。

 

詳細情報

 

ハノイタワー(Hanoi Tower)

「ハノイタワー(Hanoi Tower)」はホアンキエムのHai Ba Trung通りに位置するオフィスビルです。

1階には受付とショッピングセンターがあり、2階〜13階がオフィスになっています。

ショッピングセンター内は日本食レストランやスーパーなどがあり、仕事終わりに気軽に立ち寄ることができます。

「Hanoi Tower」には高級サービスアパート「Somerset Grand Hanoi」が併設されており、日本人在住者も生活しています。オフィスでは日系企業も入居しています。

 

詳細情報

 

VCCI Tower

「VCCI」はハノイ南西部のドンダー地区にあるオフィスビルです。

日本人在住者が数多く住み、日本食レストランが立ち並ぶハイバーチュンからもアクセスしやすい立地です。

ハノイの他のオフィスビルと比較し、エレベーターの数や駐車場の広さなど規模が大きく、建物内にはカフェやキャンティーンなどがあり設備が整っています。

 

詳細情報

 

ビナフォー(VINAFOR)

「ビナフォー(VINAFOR)」は在住者が数多く住むハイバーチュンに位置しているオフィスビルです。

中心部から少し離れた場所に位置しているものの、日本食レストランが立ち並ぶBui Thi Xuan通りやTrieu Viet Vuong通りからアクセスしやすい場所にあります。

そのため、大規模や会議やフォーラムなどのイベントで利用されることもあります。

中心部の物件に比べやや賃料が安く、セキュリティが整っています。

 

詳細情報

 

パシフィックプレイス (Pacific Place)

「パシフィックプレイス (Pacific Place)」はハノイ駅正面のLy Thuong Kiet通りを5分ほど歩いた場所にあるオフィスとレジデンスが入っている複合ビルです。

オフィスでは何社もの日系企業がテナントとして入っており、レジデンスにも日本人が入居しています。ビル内にはカフェや銀行なども入っています。

ビルの周辺にはベトナム政府機関や外資企業のオフィス、ホテルなどが立ち並ぶビジネス街になっているためとても利便性が高いです。

 

詳細情報

 

ギャラクシー(GELEX)

「ギャラクシー(GELEX)」は日本人街であるハイバーチュンにあるビンコムセンターから徒歩圏内にあるオフィスビルです。

ビルはLe Dai Hanh通り、Hoa Lu通り、Doan Tran Nghiep通りと呼ばれる大通りに面しており、自動車でのアクセスが良いです。

建物内は清潔感のあるオフィスが特徴的で、22階建てと他のオフィスビルと比較して大規模な作りになっています。

ホアンキエムからも車で10分と好立地に位置しています。

 

詳細情報

 

プライムセンター (Prime Centre)

「プライムセンター (Prime Centre)」はハイバーチュンとホアンキエムの間に位置している中小規模向けのオフィスビルでトンニャット公園のすぐそばにあります。

賃料もハイバーチュンやホアンキエムにあるオフィスビルと比べて安く、ハノイ中心部へのアクセスも良いため便利です。

「ホテル・ドゥ・パルク・ハノイ(旧日航ホテル)」や日系ホテルが周辺に多いため出張者にとってもアクセスの良い場所です。

 

詳細情報

 

BIDVタワー

「BIDVタワー」はホアンキエム湖のすぐそばにある大通りYen Phu通りに面したオフィスビルです。

オペラハウスからは車で5分ほど、ホアンキエム湖からは徒歩10分ほどの場所にあります。

2005年に計画・投資省によって建設された「BIDVタワー」はベトナムの投資や発展の目的で建設されました。

そのため、政府機関との連携が多い企業におすすめのオフィスです。建物内には受付はもちろん、パントリーやリラックスルームなど様々な設備が整っています。

 

詳細情報

 

キャピタルタワー (Capital Tower)

「キャピタルタワー (Capital Tower)」はハノイ駅のすぐそばにある大型オフィスビルです。1階には銀行がテナントとして入居していて、日系企業も数社入っています。

セキュリティー管理が整っており、基準が厳しい日系企業でも安心して入居できることが特徴です。

Duong Le Duan通りのすぐそばでTran Hung Dao通りに面しているため非常にアクセスがよく、ベトナム人スタッフにとっても通勤しやすい場所にあります。

周辺にはレストランやホテルが立ち並んでいるため、出張者にとっても便利な場所に位置しています。

 

詳細情報

 

ノーススター (North Star)

「ノーススター (North Star)」はホアンキエムにある5つ星ホテル「メアリ ハノイ」や日系ホテル「ホテル 呉竹荘」から徒歩圏内にあるオフィスビルです。

ビル周辺には政府機関や銀行、レストランが数多く立ち並んでいます。

また、日本人在住者が住む「Somerset Grand Hanoi」からも近いため、日本人にとっても生活しやすく通勤しやすい場所に位置しています。

建物は24時間セキュリティ完備で安心できます。

 

詳細情報

 

Daehaビジネスセンター(Daeha Business Center)

「Daehaビジネスセンター(Daeha Business Center)」はキンマーにある古くからある韓国系オフィスビルです。

ビルのすぐ隣には5つ星ホテルで元韓国大統領パク・クネ氏が宿泊したことのある「Daewoo Hotel(デーウー ホテル)」あります。

ロッテハノイのすぐそばにあり、キンマーのランドマーク的な建物で在住者なら誰もが知っているほどです。

また、ホテルのすぐ隣にはレジデンス「Daeha Serviced Apartment」があるため、日本人在住者にとっても通勤しやすく生活しやすい場所にあります。

 

詳細情報

 

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>