ベトナム中部、カニや貝を採っていた祖母と孫が溺死

2019年03月18日 00時00分 公開
ベトナム中部、カニや貝を採っていた祖母と孫が溺死

<2019年3月16日、ベトナム中部の山間部で、地元住民が被害者の溺れた池で搜索している様子(Tuoi Treより)>

  
3月16日午後、ベトナム中部の山間部でカニや貝を採集していた女性とその孫2人が池で溺れ、死亡した。


同日夜、Dak Lak省人民委員会委員長のDinh Van Khiem氏は、今回の事故がKrong Nang区Krong Nang町で発生したことを明らかにした。


死亡したのは、H’Vien M’loさん(54)とその孫のH’Son Raちゃん(11)、H’So Kaちゃん(8)だ。


3人はダラットの貯水池で販売用のカニや貝を取っていたが、足を踏み外し、池底に足を踏み入れてしまったため溺れた。その後、3人がいないことに気が付いた数十人の地域住民は協力して捜索にあたったという。


搜索にあたった住民は、まずH’Son RaちゃんとH’So Kaちゃんを発見し、病院に救急搬送したが、病院で死亡が確認されたという。


2人が発見された直後に祖母のH’Vien M’loさんも救出されたが、すでに亡くなっていたという。


Khiem氏によると、被害者家族は貧しかったそうだ。


地元自治体は被害者家族に対して1800万ドン(約9万円)分の支援物資を与えた。

 

出典:tuoi tre news

 

関連記事

 

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板