<2019年3月11日、ベトナム南部Long An省にあるNguyen Thuy Hang容疑者の自宅の周りに地元住民が集まっている様子(Minh Hoang / Tuoi Treより)>


3月11日、ベトナム南部Long An省出身の女性が、家に押し入り、夫に重傷を負わせた強盗を殺害した。


事件は、同日午前12時30分、Nguyen Thuy Hang容疑者(31)と夫のVo Tan Hoiさん(38)が住むCan Giuoc区Thuan Thanh村の自宅で発生した。


強盗に入ったのは夫婦自宅の近所に住むNguyen Thanh Trung容疑者だ。


Hang容疑者の証言によると、夫が家の裏を見にいった際、同容疑者は眠っていたという。

 

叫び声を聞き、現場に駆けつけるとHang容疑者の夫が倒れており、Trung容疑者がその近くに立っていたようだ。

 

Hang容疑者は子供を連れ、家の外に脱出しようとしたが、Trung容疑者が追いかけ、ナイフでHang容疑者と子供を襲ってきたという。

 

 

その後、Hang容疑者は近くの机の上にあったナイフをとり、Trung容疑者の頭を刺し、Trung容疑者は頭を刺され即死した。


Hang容疑者は助けを求め、背中に2箇所刺し傷を負っていたため病院に搬送された。


重傷ではなかったため、Hang容疑者は夫の葬式準備のため同日に退院したという。


11日夕方、Can Giuoc区警察責任者のPham Thanh Tam氏は、現場検証と司法解剖が終わったことを明らかにした。


Tam氏は「Hang容疑者は強盗のTrung容疑者を殺害したことを認めている。我々はHang容疑者の行動が正当防衛に値するのか証拠を見直す予定だ」と語った。


亡くなったHoiさんの親戚によると、Hoiさんは過去に6000万ドン(約30万円)をTrung容疑者に月利を払うことを条件に金を貸し付けていたという。

 

出典:tuoi tre news

 

関連記事