三重でベトナム人が頭切りつけられる、カンボジア人7人を再逮捕

2020年10月28日(水)11時52分 公開
三重でベトナム人が頭切りつけられる、カンボジア人7人を再逮捕

<写真:三重県警察>

 

26日、三重県でベトナム人2人が頭を包丁で切りつけられる事件が発生し、カンボジア人の技能実習生7人が殺人未遂の疑いで再逮捕された。

被害にあったのはベトナム人男性の技能実習生2人で、頭などに怪我を負ったものの、命に別条はないという。

 

ベトナム人2人はグループで三重県川越町にバーベキューにきていたと話しており、警察はそこで何らかのトラブルに発展したとみて調べを進めている。

 

再逮捕されたのは、カンボジア国籍の技能実習生、タン・トゥーン・エイー容疑者(20)ら7人。

7人は今月9日にも、別の男性に対する殺人未遂容疑で逮捕されていた。この容疑について津地検は処分保留としていた。

 

タン容疑者ら7人は、8月23日に三重県川越町の朝明川の堤防道路付近で、ベトナム人男性2人の頭を包丁で切りつけた他、背中を刺した疑いがもたれている。

警察の調べに対し、7人はいずれも殺意を否認しているという。

 

今月17日にも茨城県でベトナム人男性がベトナム人以外の外国籍の男性2人とトラブルになり、刃物で刺され花瓶で殴られた事件が発生している。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板