ベトナムでワクチン接種後に女性が死亡、国内初めて

2021年05月08日(土)10時54分 公開
ベトナムでワクチン接種後に女性が死亡、国内初めて

ベトナムで新型コロナウイウスのワクチンを接種した女性(35)が、接種後に死亡した。

女性はアンザン省の病院に勤務する医療従事者で、アストラゼネカ製ワクチンを接種していたという。

ワクチン接種後に死亡が確認されたのは国内初めて。

 

アンザン省保健当局によると、死因は非ステロイド性抗炎症薬のアレルギーによるアナフィラキシーショックだという。

当局は今回の死亡例について、極めて稀なケースだとしている。

 

同省保健局のTu Quoc Tuan氏によると、女性は5月6日にTan Chau総合病院でワクチンを接種した。

接種前には問診と、発生し得る副作用についての説明があったという。

 

接種後、女性はワクチン接種によるショック反応を示しており、同病院で応急処置を受けていた。

その後、アンザン省総合病院に転送され、保健省がホーチミンのチョーライ病院に専門医の派遣など依頼したが、5月7日(金)に死亡が確認された。

 

Nguyen Thanh Long保健大臣は、女性の遺族などに対して追悼の意を表している。

 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板