ホーチミン発着の国内線を制限、1日合計63便のみ

2021年06月03日(木)09時20分 公開
ホーチミン発着の国内線を制限、1日合計63便のみ

交通運輸省傘下ベトナム民間航空局(CAAV)は、新型コロナウイルスの影響から、6月1日から2週間、タンソンニャット国際空港を発着する国内線を制限することを決定した。

6月1日〜14日までの間、同空港に発着する国内線はベトナムの航空会社5社のみの運航で、5社合計で1日最大63便に制限される。

 

航空会社別にみると、ベトナム航空は28便の運航を許可されており、ベトジェット航空は20便、バンブー航空は11便、パシフィック航空は3便、ベトトラベル航空は1便の運航を許可されている。

 

CAAVは各航空会社や空港当局に対し、空港内や機内で、引き続き厳格な新型コロナウイルスの予防対策を講じるよう要請している。

 

通常、タンソンニャット国際空港には1日平均400便近く発着している。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板