ホーチミン、アパート3棟を新型コロナ治療施設に

2021年07月08日(木)13時59分 公開
ホーチミン、アパート3棟を新型コロナ治療施設に

<写真:tuoi tre>

 

ホーチミン市のアパート3棟が、新型コロナウイルス患者を治療するための施設となった。

 

同市保健局Tang Chi Thuong副局長は、アパート3棟は第3国定住のために建設されたもので、現在は無症状または軽症の新型コロナ患者を治療するための施設として機能していると話した。

 

1棟目のアパートは12区Tan Thoi Nhat坊に位置しており、5日午後から患者の受け入れを開始している。

このアパートは2ブロックに分かれており、それぞれ10階建てでベッド2000床が備えられている。

 

2棟目と3棟目のアパートについてはトゥードゥック市とビンチャイン(Binh Chanh)県に位置している。

各アパートにはベッド3000床があり、7日から患者の受けれを開始していた。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板