ヨルダンのガス爆発、ベトナム人5人が死亡

2022年06月30日(木)11時24分 公開
ヨルダンのガス爆発、ベトナム人5人が死亡

〈写真:VnExpress〉

 

27日、ヨルダンのアカバ港で有毒ガスの爆発が発生し、ベトナム人5人を含む13人が死亡した。

 

ヨルダン紅海のアカバ港で有毒な塩素ガスが波止場に漏れ、ベトナム人7人を含む250人以上が負傷した。AFP通信によると、29日時点で約100人の負傷者が病院に入院している。

 

塩素ガスは一般的な洗浄剤で、さまざまな産業用途に使われるほか、化学兵器にも使用されることがある。

 

ベトナムのブイ・タイン・ソン外務大臣は29日、ヨルダンの副首相兼外務大臣と電話で会談し、ヨルダン当局に対し、爆発の原因を迅速に調査するように要請した。

 

ヨルダン当局によると、今回の爆発は貨物船に有毒塩素ガスが入ったタンクの積み込みを行なっていた際に発生した。塩素ガス25トンが入ったタンクがクレーンから落下し、破損したタンクから有毒ガスが周囲に拡散した。

 

ヨルダンの国営テレビAl-Mamlakaが公開した動画には、落下したタンクから有毒ガスの黄色い煙が漏れ出し、多くの人々が逃げ惑う様子が映し出されていた。

 

塩素ガスを吸い込むと体内に塩酸が発生して肺の粘膜に火傷や炎症が起こる。それにより呼吸ができなくなり、重症の場合は溺死と同様の状態で死に至る。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板