ワールドカップ観戦需要、ベトナムでテレビ販売が急増

2022年11月24日(木)10時14分 公開
ワールドカップ観戦需要、ベトナムでテレビ販売が急増

<写真:VnExpress>

 

ベトナムではワールドカップ開催の1ヶ月前にテレビ販売需要が急増することが通例となっているが、今回の「FIFAワールドカップカタール2022」では開催直前である20日前後から販売売上が急増している。

 

22日、ハノイ市在住のティンさん(32)はワールドカップ観戦のために、グエンチャイ通りの家電量販店で65インチのテレビを購入した。

 

年末には色々な出費が重なるため、経済的な余裕はないが、テレビの買い換えを最優先にしたという。

 

一部のスーパーマーケットや家電量販店は、この数日間に好調なテレビの売れ行きを記録しており、家電スーパーチェーンMediaMartではワールドカップ開幕日にテレビの販売売上が前週より約60%増加した。

 

他の販売店でも同様の状況となっており、CellphoneSでは開幕前後の販売売上が11月初旬と比較して約70%増加している。

 

販売店関係者によると、ベトナムの消費者トレンドが変化してきており、以前は40〜50インチのテレビが最も売れ筋の商品であったが、今年は55〜65インチが主流となった。

 

多くの販売店で1300万〜1500万ドン(約7万2680〜8万3860円)前後の価格帯で販売されている65インチのテレビがベストセラーを記録している。

 

ホーチミン市1区の電気店のオーナーによると、今年は複数のブランドが開幕直前に20%割引のプロモーションを実施したため、例年よりも販売のピークが遅くなったという。

 

今回のワールドカップ開催ではSamsungやLG、Coex、Xiaomiといったブランドが売上を大きく伸ばした。

 

また、プロジェクターの販売も急増しており、MediaMartではエプソンとソニー、パナソニックの商品が売れ筋で、約20%の伸びを示している。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板