今年は大晦日年越し花火を実施|ホーチミン市

2022年12月02日(金)14時04分 公開
今年は大晦日年越し花火を実施|ホーチミン市

<写真:VnExpress>

 

ホーチミン市は新型コロナウイルス流行によって1年間中止していた大晦日の花火を再開する。

 

花火は12月31日にグエンフエ歩行者天国で行われるカウントダウンイベントの後、1区と2区を結ぶトゥーティエムトンネルで15分間にわたって打ち上げられる。

 

昨年は大勢が集まるのを防ぎ、パンデミック後の復興に専念するためとして、花火やその他の娯楽活動を含む通常の年越しイベントが中止されていた。

 

また、ホーチミン市は旧正月期間の1月19日〜26日までグエンフエ歩行者天国で恒例のフラワーフェスティバルを開き、1月21日には花火の打ち上げを実施する予定である。

 

他には観光復興を目的として12月8日〜11日にかけてグエンフエ通り上空で熱気球イベントが計画されている。

 

パンデミック前の2019年にホーチミン市は外国人観光客1000万人を受け入れていたが、今年は350万人の受け入れを見込んでいる。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2023 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板