Updated 2017年11月11日

ベトナム、2050年までに世界トップ20の経済国になる見込み

ビジネスアドバイザリー会社であるPwC(プライスウォーターハウスクーパース)の最近の報告によれば、今後数十年の間に、ベトナムは世界のトップ経済圏になる可能性がある。

 

同社の予測によると、2050年までに、ベトナムは世界でトップ20の経済圏に、アジアではトップ10の経済圏に入るかもしれない。

東南アジア諸国は、数年連続して堅調な経済成長を続けている。

 

PwCはまた、ベトナムの実質GDP成長率は2016年から2050年の間に5.1%に達すると予測した。この有望な成長率は、労働、政府、外国投資を含むさまざまな要因に起因する可能性がある。

 

報告書によると、ベトナムは市民の45%が30歳未満である「黄金の人口構造」を経験している。これらの教育を受けた若い専門家は、ますます熟練しており、インドや中国などのより大きな経済圏から離れることを検討している企業にとって、魅力的な労働力を作り上げている。

 

また、外国人投資家の47%は来年の同国への株式を拡大しようとしている。

 

ベトナムは、外国人CEOの40%以上が将来の投資促進計画を持つ中国、インドネシア、米国と並んで上位4カ国に入っている。

 

PwCベトナムのDinh Thi Quynh Van総裁は、「現実と数字は、ベトナムのパートナーと投資家が強く発展しており、投資家がベトナム市場に興味を持っていることを示している」と語った。

saigoneer.com

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する