世界男女格差ランキング、ベトナムは69位にランクイン。日本は114位

社会 社会 2017年11月10日


世界男女格差ランキング、ベトナムは69位にランクイン。日本は114位

新しい報告書によると、アジアで最も性別が多様な職場環境があるにも関わらず、ベトナムはジェンダー格差については低迷しているという。

 

11月2日、スイスに本拠を置く世界経済フォーラム(WEF)は、2017年の世界男女格差レポートを発表した。

 

WEF(世界経済フォーラム)によると、ジェンダー格差は「社会的、政治的、知的、文化的、経済的達成または姿勢に反映された女性と男性の違い」だという。

 

世界男女格差指数は、健康、教育、経済、政治の4つの主要分野におけるギャップを測定することを目的としている。

 

ベトナムは69位にランクされた。昨年よりも4つ下がった。

ベトナムは、教育、健康、存続の面では非常に高い得点を記録したにも関わらず、仕事の配置は男性に大いに有利である。

最大の欠点は、立法と管理、議会、省庁であった。また、ベトナムは、女性国家元首を持ったことがないという理由でも失点した。

 

残りのアジア太平洋地域は様々な結果であった。昨年の報告以来、カンボジアは112位から99位に、タイは71位から65位に上昇した。

 

同地域の中で最も低い国々は、日本(114位)、韓国(118位)、フィジー(125位)、東ティモール(128位)であり、経済的にどれほど有力な国であっても、ジェンダー不平等が拡大する可能性もあることを示している。

 

この見解はまた、多くのG20諸国が低迷しており、さらに明らかに示された。

G20諸国で一番順位の高い国はフランス(11位)であった。一方、米国は4位から49位に下がった。

 

アイスランドは9年連続でトップであり、あとにノルウェーとフィンランドが続いた。ルワンダは4位、スウェーデンは5位となった。

 

シリア、パキスタン、イエメンは、国際的に最下位3カ国であった。

saigoneer.com

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>