6月7日、ベトジェットの乗客が携帯を投げつけ係員に怪我を負わせたとして、ベトジェットは乗客に750万ドン(約3万7500円)の罰金支払いを命じた。乗客は係員の対応に激怒していたという。

 

 

 

6月3日の午後10時、ダナンからハノイへとフライト予定であったThau Nguyen省出身の32歳の男はダナン国際空港にチェックインした。

 

男が係員に搭乗便について尋ねた際、搭乗予定であった飛行機は既に飛び立ち、男は翌朝のフライトへと変更されたと告げられたという。男は予告なしに搭乗便が変更されたことに激怒した。

 

その後、男が空港内で喫煙をしていたため係員が注意しにいった際、携帯電話を投げつけられ係員は目に怪我を負った。警備員がすぐに駆けつけ、係員は病院に緊急搬送された。

 

その後の取り調べで男は空港へと到着する前に大量に飲酒しており、泥酔状態で自制心が欠けていたことを認めた。

 

ベトジェット航空によると悪天候の影響でQuang Nam省のChu Lai空港行きの便が10便欠航にせざるを得ない状況であったという。

 

またダナン国際空港発の他のフライトも多く欠航となっている。

 

男が搭乗予定であった6月3日のダナン-ハノイ便は発着時間が午後11時から午後8時に変更されていた。

 

ベトジェット航空の発表によると事前に時間の変更を搭乗予定の乗客に伝達していたが、今回暴行事件を起こした男は予約時の電話番号に誤記があったため変更情報を受け取れなかったのだという。

 

 

出典:dtinews.vn

 

 

関連記事