今月、ホーチミンで配車アプリ「FastGo」がリリースされる予定だ。これによりホーチミン市民に旅行や支払い方法に関して新たな選択肢が与えられることとなった。


FastGoがホーチミンで開始
<6月12日、「FastGo」は正式にプロジェクトが開始された(http://www.vir.com.vn)>


「FastGo」はNextTech Groupによって作成されたアプリでUberやGrabと似た方法で6月からハノイで開始された。


それに加えて、「FastGo」に引き続き、「FastBike」というバイクタクシーサービスも同様に利用が開始される予定だ。


ハノイにおける1か月間の試験期間後、タクシーと自家用車合わせて5000台以上が「FastGo」に登録された。1万以上の利用があり、1万2000人近くの利用者がアプリをインストールしている。


FastGoベトナムCEOのNguyen Huu Tuat氏は第4次産業革命では消費者にとって有益な最先端技術を用いたプラプラットフォームとなるアプリを開発する必要があるという。


現在、FastGoベトナムでは運転手の手数料を免除している。


「FastGo」は悪天候や時間に関わらず一定の料金を設定している。さらに、利用者に対して様々なプロモーションを開始している。


また、カード支払いの利用者もターゲットとしており、デジタル経済に合わせてこのようなサービスを拡大していくという。これまでのビジネスモデルよりもさらに発展していくと見込まれる。

 

出典:VOVニュース

 

関連記事