3月29日〜31日、ハノイのLy Thai To公園で「ハノイ日本桜祭り2019」が開催される。
期間中は約100本、合計2000万枝にもなる桜を楽しむことができるという。

 

今回のイベントに向け、ハノイやその他地域から桜が会場に運ばれている。


今回のイベントでは、茶道、けん玉パフォーマンス、将棋など日本の伝統技能も楽しむことができる。他にも、「ca tru(祝い歌)」「hat xam(盲目のアーティストによって演奏されることが多い音楽)」をはじめとするベトナム伝統音楽や日本とベトナムをイメージしたフラワーアレンジメントも紹介される予定だ。

 

会場では日本とベトナムの料理を堪能することもでき、日本食だけでも20ブース出店される予定だ。

 


3月29日には、ハノイー日本間の投資や観光業を促進するための会議も開催予定で、また、本の提供や重病を抱えている患者への治療など健康や教育分野の交流も行われる予定だ。


今年のイベントでは、桜祭り実行委員会が史上初めてベトナム桜親善大使を任命する予定だ。ベトナム桜親善大使は、日本語を話すことができ、日本への興味や知識があることが求められ、日越両国の交流を促進させる責任が伴うという。

 

出典:SGGP

 

関連記事