<ベトナムでは2018年に1547件の児童性的虐待事件が確認された(Shutterstockより)>

 

13日、ホーチミン警察は当時家に1人でいた5歳少女に強姦したとして、タクシー運転手を逮捕した事を明らかにした。

 

逮捕されたNguyen Van Chin容疑者(54)は、16歳未満の子供への痴漢行為の容疑で身柄を拘留されている。有罪判決が下されれば懲役6ヶ月〜3年だという。

 

4月14日、少女の母親が外出先からタンビン地区の自宅に帰ってきた後、少女の身体から強姦の被害跡が確認されたという。

 

少女は、同じ建物に住む隣人のChin容疑者から被害を受けたと母親に打ち明けた。防犯カメラの映像では、Chin容疑者が少女の部屋に入り10分後に部屋から出る様子を捉えていた。

 

母親は地元の警察に被害届けを提出し、捜査が開始された。法医学的な検査により、少女の体内から容疑者のDNAが検出されたという。

 

同容疑者は容疑を認めているという。

 

公安部によると、ベトナムは2018年に1547件の児童虐待事件が確認され、前年同期比2.8%減となった。

 

加害者は、教師、学校の治安当局者、親戚、隣人など、子供の身近にいる人々であることがわかっており、議員や非政府組織は両親に子供の安全性について警戒するよう求めている。

 

出典:VnExpress

 

関連記事