日本人大学生からぼったくり、Grab運転手を解雇

社会 社会 2019年09月06日


日本人大学生からぼったくり、Grab運転手を解雇

<2019年9月4日、ハノイ警察が、Grab運転手のVu Ngoc Quang氏からぼったくられた金銭を日本人大学生に返している様子(写真提供:Photo courtesy of the Hanoi police.)>

 

8月31日、Grab運転手のVu Ngoc Quang氏は、Grabを利用した日本人大学生4人に対して8ドル(約850円)の料金だったところを86ドル(約9200円)で請求した疑いが持たれている。

 

警察によると、日本人大学生等は、Nguyen Khang通り~Hang Duong通りの8kmの運転を依頼したといい、8ドル(約850円)の料金のところを10倍以上の86ドル(約9200円)を請求されたという。

 

日本人4人は、Hang Dao通りの警察署へ届け出る前に割高運賃に対して疑問を抱き運転手に反論したものの、すでに料金を支払ってしまっていたという。

 

4日、警察はVu Ngoc Quang氏に対して、運賃の差額を返金し、日本人大学生等に謝罪をするよう命じた。

 

Grabベトナムの広報担当者は、今回のVu Ngoc Quang氏の行動は、Grabの行動規範の違反行為に当たるため同氏を解雇したと語った。

 

ベトナムで、観光客がぼったくられる事例は頻繁に発生している。

 

先月には、ベトナムの人力車「シクロ」の運転手が、5分間しか利用していない日本人観光客に対して290万ドン(約1万4500円)を請求したぼったくり事件が発生したばかりだ。

 

ホーチミンなどの主要都市のシクロの通常料金は1時間当たり約10万ドン(約500円)である。

 

出典:VnEXPRESS

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>