Nha Trang省で中国人観光客グループが料理とお酒20品を飲食し、飲食代金900万ドン(約4万5000円)を不当に高額請求する事件が発生した。

 

 

事件は7日、Nha Trang近くのレストランで発生した。不当な高額請求の支払いを拒んだ中国人観光客に対して、レストランスタッフが暴行を加えたという。

 

事件現場に居合わせた人が撮影した動画には、ナイフや椅子、棒などを使いレストランのスタッフが暴行を加えた様子が記録されている。暴行はエスカレートし、現場は一時騒然とした。

 

レストランのオーナーであるThach Ngoc Tinh氏は「17人の中国人観光客が訪れ、海鮮料理を含む20品目の料理とビールやワインを注文し、会計は900万ドン(約4万5000円)であった」と述べる。

 

中国人グループは午前2時頃、現金が足りないことを理由に支払いを行わずに店を出ようとしたという。

 

レストランスタッフの中国人に対する暴行は次第にエスカレートしていった。

 

中国人グループは支払いを容認し、全額ではないが720万ドン(約3万6000円)を支払った。

 

Thachオーナーによると価格はメニューに明確に記載されているため、ぼったくり請求はしていないという。

 

現在、警察が調査を進めている。

 

2016年からNha Trangの観光局はホテルやレストランでぼったくり請求をされた場合に、店の名前や住所を報告するよう観光客に呼びかけている。

 

Nha Trangは観光地としてベトナムで人気だ。2018年の1月〜4月には、中国人およそ6万5200人を含む75万人の観光客が訪れたと言われている。

 

昨年のNha trangの観光客数は、220万人に到達した。

 

 

出典:e.vnexpress.net

 

 

関連記事