ベトナムの配車アプリGovietを解説!使い方やGrabと価格比較も紹介

ベトナムの配車アプリGovietを解説!使い方やGrabと価格比較も紹介

Govietの特徴

 

ベトナムでは多くのタクシーアプリが登場してきているなか、Govietの特徴はなんでしょうか?

 

クレジットカードの利用ができない(現金払いのみ)

 

Govietはベトナムで既によく使われているGrabのようにクレジットカードの登録や利用することできません(2018年10月現在)。そのため、現金で支払いをする必要があります。ドライバーによってはおつりを十分に用意していない場合もあるため、Govietを利用する際は小さい金額のお札を持つことをおすすめします。

 

時間や期間によって割引が適用される場合がある

 

Govietは、バイクタクシーを手配する時間や期間に応じて割引が適用される場合があります。Govietは公式に情報を公開していませんが、配車の需要が少ない平日の昼などの時間はお得にタクシーを呼ぶことができます。値段は一瞬で上下する可能性もあり、配車を確定せずに画面を一度閉じてしまうと値段が変わってしまう場合もあります。

 

ドライバー全員がGovietの服装を着用しているわけではない


Govietのドライバーは基本的には赤を基調としたユニフォームとヘルメットを着用していますが、全員ではありません。一説には、Go-vietがベトナムに進出した際、一度に大勢のドライバーがGo-vietに登録したため、ユニフォームの生産が間に合わなかったとも言われています。ときにはユニフォームは緑色の「Grab」を着ていて、ヘルメットは「Goviet」なんてときもあります。POSTEスタッフが実際に利用した際、ドライバーはGovietのユニフォームを着用してましたが、ヘルメットにはAberと書かれていました。アプリを使用してGovietを利用した際はバイクのナンバーをしっかりと確認する必要があります。

出典:VnExpress

 

 

GovietとGrabの価格比較をしてみた!

 

ベトナムの配車アプリといえば、多くの人がGrabを思い浮かべると思います。Grabを呼ぼうか、Govietで呼ぼうか迷ったときに気になるのは値段ですよね! 今回はGrabとGovietで同じ目的地を選択し価格を比べてみました。値段は時間や時期によって異なる場合もあります。そのため参考程度に読んでみてください!

 

POSTEホーチミンオフィス→ホーチミン髙島屋

 

まずは距離が近い場合としてPOSTEホーチミンオフィスーホーチミン髙島屋の約2.5kmで検証してみました。

  • Goviet(写真左):1万2000ドン(約60円)
  • Grab(写真右):1万4000ドン(約70円)

Govietの方が2000ドン(約10円)安いという結果が出ました。

 

POSTEホーチミンオフィス→タンソンニャット(Tan Son Nhat)空港

 

次に距離が遠い場合としてPOSTEホーチミンオフィスータンソンニャット(Tan Son Nhat)空港の約6kmで検証してみました。

  • Goviet(写真左):2万6000ドン(約130円)
  • Grab(写真右):3万1000ドン(約155円)

「Goviet」の方が5000ドン(約25円)安いという結果が出ました。

今回の検証で、距離が近い場合でも遠い場合でも、Govietの方がやや安く配車できることがわかりました。値段を重視する方はGovietを利用するのがおすすめですね!

※今回はあくまでPOSTEが独自に検証した結果です。参考程度にお願いします。

 

 

まとめ


今回はGovietの登録から乗車、支払いまでを徹底解説しました。ベトナムは多くのタクシー配車アプリが台頭しており、今後もタクシー業界で競争が激しくなる可能性があり、動向が気になるところです。GovietだけでなくGrab、VATO、Aberなどベトナムで自分にあった配車アプリを利用してみてください!

 

※この記事に記載されている情報は2018年10月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

 


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板