台風Nakri接近、航空各社で欠航相次ぐ

台風Nakri接近、航空各社で欠航相次ぐ

10日夜からベトナムの中南部に上陸している台風Nakriの影響で、航空各社は11日の国内線で欠航や運行計画の変更を実施しているという。


ベトナム航空の発表によると、ハノイ-フーエン間のVN1651便とVN1650便、ホーチミン-ハノイ・クイニョン間のVN1396便、VN1397便、VN1625便、VN1624便を含む便が欠航となったという。


また、悪天候のため、ベトナム航空は複数の路線で出発時間を予定より1時間40分〜3時間早めたという。
出発時間が早まったのはハノイ発プレイク行きのVN1613便、プレイク発ホーチミン行きのVN1427便、午後6時以降の空港閉鎖が決定していたニャチャンのカムラン空港とホーチミンを結ぶVN1564便、VN1565便、 VN1356便、 VN1357便、 VN1358便、 VN1359便だ。


ベトナム航空は中国・成都-ニャチャン間のVN718便とVN719便、ニャチャン-ソウル間のVN440便とVN441便を含むニャチャン発着の国際便も運行計画を変更したという。


一方、ジェットスター・パシフィック航空は同日、クイニョン、フーエンーホーチミン間の4便を欠便にした。欠航となったのはBL452便、 BL453便、 BL434便、BL435便だ。熱帯暴風雨を避けるため他航空各社も運行計画を変更しているという。


各社は遅延と欠便に関する詳しい情報について、各社Webページにアクセスするよう、乗客に呼びかけている。
 

出典:SGGP

関連記事


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories