ハノイ:感染者の濃厚接触者584人は陰性、保健省が発表

2021年02月19日(金)13時26分 公開
ハノイ:感染者の濃厚接触者584人は陰性、保健省が発表

<写真:ハノイ・タイホー地区で封鎖されている建物>

 

2月18日午後、ベトナム保健省はハノイ・タイホー地区のホテルで死亡が確認され、その後新型コロナウイルスの陽性と判定された日本人男性の濃厚接触者(F1)586人について、すでに感染が発表された2人以外の584人は陰性であることを発表した。

 

死亡が確認された後に陽性と判定された男性については、1月17日にタンソンニャット国際空港からベトナムに入国しており、ホテルにて14日間の隔離措置を受けたという。

隔離期間中の2回の検査ではいずれも陰性判定で、1月31日に隔離を終えていた。

その後2月1日に空路でハノイへと移動したという。

 

2月1日から死亡しているのが発見された13日まで、男性はホテルとホアンキエム地区の職場の往復と、飲食店への立ち寄りが確認されている。

男性は2月3日に体調不良を訴え、タイホー地区の医療機関を受診していたという。

8日には発熱などの症状も出たため、再度、医療機関を受診し、A型・B型インフルエンザの検査を受けたが結果は陰性だった。

 

2月13日19時頃に、ホテルのセキュリティスタッフが確認のため部屋に訪れたところ、男性が意識を失っているのを発見し、救急と警察に通報したという。

その後、男性の死亡が確認された。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板