ハノイ〜ホーチミン線の運航停止を、航空局が提案

2021年08月09日(月)09時25分 公開
ハノイ〜ホーチミン線の運航停止を、航空局が提案

<写真:ベトナム航空B787-9型機 / ©️Flickr>

 

ベトナム民間航空局(CVAA)は新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大していることを受け、ハノイ〜ホーチミン間などの国内線の運航を停止することを提案した。

 

CVAAは7日(土)、交通運輸省に対して、ハノイ市とホーチミン市を含む社会隔離措置が適用されている都市における国内線の運航を停止することを要請したという。

 

社会隔離措置が適用されている都市においては特別便の運航のみを許可することが提案されているという。

労働者の帰省のための便の運航は検討の範囲内とされる一方、到着都市の当局に対しては到着した乗客の検査と隔離を行うことが求められる見込みだ。

 

すでに、国内航空各社は国内線の運航を最小限にしており、今回の提案が承認されれば、さらに運航便数が減少することとなる。

現在、社会隔離措置が適用されているベトナム南部地域には、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)、カントー国際空港、フーコック国際空港、ラックザー空港、カマウ空港、コンダオ空港がある。

ハノイにあるノイバイ国際空港では、カントー国際空港、フーコック国際空港、ラックザー空港、カマウ空港、コンダオ空港を結ぶ国内線の運航を停止している。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板