ホーチミン市、新型コロナ対策で警察・軍を投入へ

2021年08月20日(金)20時15分 公開
ホーチミン市、新型コロナ対策で警察・軍を投入へ

<写真:チン首相 / ©️VN EXPRESS>

ファム・ミン・チン首相は、ホーチミン市の食料供給などにおいて、人民軍が各地区の当局と協力すると話した。

 

チン首相は新型コロナウイルスの感染防止対策に従い、市民は自分の場所に止まり、厳格に外出を禁止することが求められる。

また、新型コロナウイルスの検査と感染者の隔離を一層強化するため、当局は市民に対する食料品の供給を確実なものにする必要があるとした。

 

チン首相は社会隔離を厳格に実施するための人員が不足した場合、警察や人民軍が必要に応じて支援をすると話した。

特に、人民軍については、市民に対する食料品の供給を確実なものにするために各地区の当局と連携するという。

警察は、秩序を保つために監視をし、ホームレスや社会的弱者に対する食料品供給を円滑に行う必要があるとされる。

 

今回の、感染拡大防止措置の強化や警察と人民軍の導入は、市内における医療体制の拡充を目的にしているという。

チン首相は特定の地域の人口密度を減らすために、軍施設や学校、その他施設へと住民を一時的に移動させることの可能性についても調べるよう要請した。

 

ホーチミン市の市民に対する十分な食料品を供給するだけでなく、社会隔離の遵守を確実なものにするため、200の特別部隊が組織されたという。

 

チン首相は遂行すべき重要な任務を6つ挙げている。

①各個別の単位(家族、町内、街区、坊)ごとに隔離を行う。隔離能力が不足している場合、警察と人民軍が支援をする。

 

②市民に対して食料品などの供給を絶やさない。人民軍は各地区の部隊・当局と連携し、市民に対する食料品の供給を担当する。 さらに、その他の手段も使用し、食料品の供給を確実なものとする。

 

③新型コロナウイルスの感染患者の治療するため、酸素、設備、医療機器、看護師、医師の観点で医療体制を拡充し各地区に緊急車両と緊急センターを準備する。

感染患者の治療には地区、区、市の3つのルートがあり、市では主に重症患者の治療を行う。

 

④治安・市民の安全を確保するために警察を配備し、警備を強化する。

 

⑤社会保障について、労働傷病兵社会省は、支援を必要としている人を取り残さないように、実際の状況と求められていることを把握すること。警察は状況を正確に把握し、ホームレスや社会的弱者に対して食料品を迅速に供給すること。

 

⑥保健省のガイダンスに従い、自宅での検査を含み適切な形式で迅速な検査を実施することで、感染者(F0)を早期に発見し、コミュニティから感染者を無くすこと。

 

ホーチミン市では8月23日から新型コロナウイルスの感染防止対策が一層強化される予定だが、外出禁止の範囲や食料品や生活必需品の購入方法などの具体的な計画については決定次第発表される。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板