越系オーストラリア人、K-POPガールズグループからデビュー

2022年08月05日(金)13時16分 公開
越系オーストラリア人、K-POPガールズグループからデビュー

<写真:VnExpress>

 

18歳のベトナム系オーストラリア人であるファム・ゴック・ハンさんが、ハンニ(Hanni)という芸名で5人組のK-POPガールズグループ「ニュージーンズ(NewJeans)」としてデビューした。

 

同グループはK-POP界の巨頭BTSを擁するHYBEグループのレーベル「All Doors One Room(Ador)」によって7月末に立ち上げられた。

 

ハンニと韓国系オーストラリア人歌手ダニエル、そして残る3人の韓国人(ミンジ、ヘリン、ヘイン)の5人からなる14歳〜18歳までのメンバーで構成されている。

 

7月22日の正式デビュー以来『Hybe Boy』『Hurt』『Attention』『Cookie』など多くのMVを投下している。

 

K-POPに関するニュースを扱うサイト「Allkpop」によると、ハンニさんの容姿が韓国国内で「すごくかわいい!」「好き!」「すごい!」と話題になっているという。

 

2004年生まれのハンニさんはメルボルンの「Aemina Dance Crew」のメンバーとしてRed VelvetやITZYなどのKPOPグループの振り付けを専門にカバーしていた。

 

父親はハノイ市、母親はホーチミン市の出身で両親ともにオーストラリアに在住している。

 

地元メディアによると、HYBEグループにとってベトナム系女性アイドルとの初契約となる。

 

ハンニさんはグローバルオーディション「Plus Global Audition 2019」への合格後に同グループへの加入が決定しており、デビューまでの2年半を練習生として過ごしていた。

 

2021年7月にはBTSの「Permission to Dance」MVに出演し、その甘く明るい美貌からチェリーという愛称で親しまれていた。

 

Koreabooによると、これまでK-POPアイドルとしてデビューしたベトナム出身のアーティストはハンニさんが6人目である。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板