エメラルド・クルーズ、メコン川ツアーを提供開始

2022年09月14日(水)08時48分 公開
エメラルド・クルーズ、メコン川ツアーを提供開始

<写真:VN Express>

 

英国を拠点とするクルーズ会社エメラルド・クルーズは、ベトナムのメコンデルタを含む東南アジアを巡るメコン川ツアーの2023年と2024年のツアーを発表した。

 

同社が提供する8日間のツアーはホーチミン市を出発してメコンデルタの小さな集落を訪れた後に、マルグリット・デュラスの有名な小説「ラマン」のモデルとなったフイン・トゥイ・レの古い家を探訪したり、スカーフの織物工場を訪問する旅程となっている。

 

また、プノンペンのキリングフィールド(チュンエク虐殺センター)とトゥールスレン虐殺博物館に立ち寄った後、ウードン(Oudong)寺へ向う。

 

この2023年8月26日出発予定のツアーは1人1694ドル(約24万444円)から参加することが可能である。

 

ハノイ市を来年8月19日に出発する19日間の旅程の場合は、伝統的なジャンクボートでハロン湾をクルーズしてからホーチミン市に向かい、メコン川のリバークルーズでベトナムの米処であるメコンデルタ地帯を訪れる。

 

同ツアーはカンボジアのシェムリアップが終点で、料金は1人4503ドル(約63万9151円)から提供される。

 

2024年8月23日出発予定の15日間の旅では、シェムリアップからメコン川沿いの豪華なクルーズに乗り込み、メコンデルタの花の村や小さなコミュニティを訪れた後に終点のホーチミン市に到着する。

 

この旅程ではプノンペンをトゥクトゥクで移動し、僧侶から祝福を受け、世界的に有名なカンボジアのサーカス「ファーレ」を観賞することが可能なツアーとなっており、料金は1人様3568ドル(約50万6438円)から予約可能である。

 

各ツアーは最大84名まで参加可能となっている。

 

2021年にベトナムは世界のクルーズ旅行業界で最も権威のある「ワールド・クルーズ・アワード」で、アジア最高のリバークルーズ・デスティネーションに選出された。

 

ベトナムには全長10キロメートル以上の河川が2360本あり、緻密な河川ネットワークが形成されている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板