ベトナム初のサル痘感染を確認、ドバイからホーチミン市へ到着の女性

2022年10月04日(火)09時42分 公開
ベトナム初のサル痘感染を確認、ドバイからホーチミン市へ到着の女性

<写真:VN Express>

 

ホーチミン市保健局は3日、ドバイからベトナムへ帰国した女性(35)から国内初となるサル痘感染を発見したとして発表を行った。

 

感染が確認された女性はドバイへ旅行中の9月18日から倦怠感や悪寒、筋肉痛、頭痛、咳などの症状を示しており、身体の複数箇所に発疹が現れていた。

 

女性は9月22日にホーチミン市へ到着し、翌日にTu Du病院の産婦人科へ訪れた。その後、サル痘への感染疑いがあるとして同市の皮膚科および性病科の病院に移送され、隔離を受けるとともに検査サンプルが同市熱帯病病院とパスツール研究所に分析のために送られた。

 

分析の結果、女性からはサル痘への陽性反応が確認され、熱帯病病院で治療を受けている。現在の健康状態は安定しているという。

 

ベトナムの国境ゲートでは監視措置が強化されており、サル痘感染の疑いがある人を対象に診断や病歴、渡航歴の分析が行われる。症状や危険因子がある人に関しては、重症患者の治療施設として指定されている同市熱帯病病院や検疫機能のある他の総合病院へ搬送される。

 

ベトナム国内でサル痘の症状がある人は最寄りの区レベルの病院で検査を受けることが可能となっており、検体は熱帯病病院かパスツール研究所で分析が行われる。また、検査結果を待つ間は自己隔離か病院に隔離される必要がある。

 

世界保健機関(WHO)は8月15日時点で92の国と地域で3万5000人以上のサル痘感染者が発生し、12人が死亡したことを受け、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」だと宣言していた。

 

ベトナムでは以前、保健省がサル痘が発生した地域からベトナムに入国する人々を監視し、保菌者の疑いがある場合は隔離するという発表を行った。

 

同省によるサル痘監視と予防のための臨時ガイドによると、危険因子としては最初の症状が現れる前の21日以内にサル痘に感染しているかその疑いがある人と接触したこと、複数の相手と性交渉を持ったことなどが挙げられている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板