10月のパンガシウス輸出、需要の落ち込みにより今年最低へ

2022年11月17日(木)09時47分 公開
10月のパンガシウス輸出、需要の落ち込みにより今年最低へ

〈写真:VnExpress〉

 

パンガシウス(ナマズ目)の輸出が第3四半期から弱まり、10月には今年最低の月間1億5900万ドル(約221億9394万円)となった。

 

ベトナム水産物輸出生産者協会(VASEP)によると、今年最初の10ヶ月間のパンガシウス輸出総額は前年同期比75%増となる21億ドル(約2931億円)であった。

 

パンガシウスの需要は米国や欧州連合、英国、およびTPP関連の協定メンバー国の間で数ヶ月にわたって徐々に減少しているという。

 

10月に米国市場へのパンガシウス輸出は約25%減の収益3200万ドル(約44億6670万円)となり、7月以降の月平均売上高は4月の8100万ドル(約113億634万円)から3200万~3300万ドル(約44億6670万〜46億629万円)となっている。

 

SSI証券によると、第3四半期のベトナム産パンガシウスの対米輸出平均価格は1kg当たり5ドル(約698円)とほぼ横ばいであったが、輸出量は高インフレと輸入業者の備蓄によって減少した。

 

一方で、中国本土と香港への輸出高がそれぞれ前年比23%と123%増加したことを受け、VASEPはベトナムのパンガシウス総輸出量の30%を占める中国への出荷量が今後増加すると予想している。

 

VASEPによると、2022年にベトナムはパンガシウス輸出で昨年比54%増の24億5000万ドル〜25億ドル(約3419億8203万〜3489億6125万円)を稼ぐと推定されている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板