Updated 2017年11月14日

ベトナム、サイバーセキュリティーに関する法案が物議

ベトナムでは、GoogleやFacebookなどの外国の大手IT企業にベトナム内に事務所を設置し、サーバーをインストールすることを求める法案について、多くの議員が苦情を述べている。

 

公安省が作成した法案には、「外資系企業は、ベトナムで電気通信及びインターネットサービスを提供する際、国家の主権、利害及び安全を尊重し、利用者の利益を尊重し、ベトナムのユーザーデータがベトナムの領土内で管理されている代表的なオフィスやサーバーを取得する必要がある。」と記載されている。

 

これは、FacebookやGoogle、Viber、SkypeなどのIT企業がベトナム内にオフィスを設立し、ベトナムの巨大サーバーに投資する必要があることを意味する。地方のインターネットプロバイダーたちは、その場合、彼らがベトナムの市場から抜ける可能性が高いと述べた。

 

その法案の批判者は、それらが不必要であるだけでなく、ベトナムが署名している国際条約や協定に反すると言って、そのような要件を軽視している。

 

公安大臣のLam氏は、月曜日、ベトナムでのインターネットの発展を妨げる必要はないとし、同法案を擁護しようとした。

しかし、Lam氏はまた、私たちが海外のIT企業を管理しない場合、サイバーセキュリティを危険にさらす可能性を強調した。

 

ベトナム国家大学ホーチミン市校のHuynh Thanh Dat所長は、ベトナムは管理に必要なデータを提供することを政府に約束する外国企業のみが必要であると強調する。

 

およそ9200万人の国民の約60%がオンラインだ。ベトナムはFacebookのユーザー数でトップ10に入っている。

 

しかし、ベトナムではインターネットの悪用が目立っており、ベトナム当局はソーシャルメディア上に掲載されているものを監視する方法を常に検討している。

vnexpress

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する