Updated 2017年11月15日

【食品衛生問題】ベトナム人はベトナム人を殺している?

ベトナムの人々は、同国の人が栽培し供給している、体に悪い非衛生的な食品を毎日摂取している。

かつてはベトナムのソーシャルメディアユーザーの間で冗談として人気があった安全でない料理は、地元メディアでほぼ毎日報道される食品安全性の脅威を考慮すると、ますます冗談ではなくなってきた。

ベトナムに氾濫する中国の低品質製品に対する評判は悪いが、現実では、同国を悩ませている食糧関連の問題の多くに対して責めることができるのは、誰でもなく、ベトナム自身であることを示している。

 

地元メディアでは、ベトナムの野菜は化学物質で栽培、屠殺前に豚に鎮静剤を注射、バナナや他のフルーツを人工的に熟成させる物質に漬け込む、工業用アルコールと純水でアルコールを製造、腐った動物の臓器を収集してレストランや飲食店に販売、などの報道が広まっている。

「ベトナム人はベトナム人を殺している」と言っても過言ではない。



「裏」で何が起こったかを知っていれば、多くの人がベトナムで食べ物を食べることはないだろう。

 

さらに恐ろしいのは、この同じ食べ物が、疑わない観光客にとって人気のあるアトラクションになっているという事実だ。

 

腐敗した動物の臓器を販売する「ビジネス」は、ベトナムでは珍しいことではない。

これまでにも腐った臓器を運送しているトラックが何度も発見されている。

ホーチミン市の農業部門の責任者であるNguyen Phuoc Trung氏は、屠殺前に豚に鎮静剤を注射する行為は違法とみなされるべきだと述べた。

 

Trung氏はまた、ホーチミン市で最大の豚肉屠殺場で、近くの省への豚肉供給業者であるXuyen Aが、家畜に味と色を改善するための鎮静剤を注入している汚職事件について言及していた。

 

 

tuoitrenews.vn

 

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する