<サッカーベトナム代表の新たなホームユニフォーム(Grand Sportより)>


昨年、東南アジアカップ(AFFスズキカップ)で優勝したサッカーベトナム代表は2019年に向けた準備をしている。


Grand Sportによりデザインされた新たなホームユニフォームはベトナムの伝統的な色である赤とゴールドが使用され、アウェイユニフォームは白が基調とされている。どちらのユニフォームも矢をモチーフにしたデザインだ。

 

昨年同様、左胸にベトナム国旗はが3Dプリントでデザインされ、右胸にはGrand Sportのロゴが施されている。また、後ろ襟にはゴールデンスターがデザインされている。袖にはレーザー技術を使用した細かいエッチングも施されている。

 

 


<白のアウェイユニフォーム(Grand Sportより)>


バンコクに本社を構えるGrand Sportによると、今回のユニフォームには「究極に快適な吸汗性と速乾性、計算された通気性、うごきやすさ」を実現した新素材が使用されているという。


今回のユニフォーム紹介ポスターには、ベトナム代表のNguyen Quang Hai選手、Doan Van Hau選手、Bui Tien Dung選手(ディフェンダー)、Luong Xuan Truong選手、Bui Tien Dung選手(ゴールキーパー)が起用された。


今回お披露目された新たなユニフォームは東南アジアサッカー選手権やU-23選手権予選、東南アジア競技大会など今後の大会やイベントで着用される予定だ。


今回のユニフォームは、8日に開催されるAFCアジアカップ予選のイラク戦で初めて使用される予定だ。新たなユニフォームは1月12日から販売される予定だ。

 

出典:VnExpress

 

関連記事