水質汚染が深刻化、環境省が一斉調査へ

社会 社会 2018年05月03日


水質汚染が深刻化、環境省が一斉調査へ

 

資源・環境省は環境保全のため、工場数百カ所の一斉調査に乗り出すことを発表した。

 

 

 

ベトナムで工場の廃棄物によりBac Hung Hai運河とNhue川、Chau Giang川、Duy Tien川の汚染が深刻化していることを受け、資源・環境省は今回の工場一斉検査に乗り出したという。

 

調査対象の中で北部に位置する90の工場にはハノイビールや大手飲料メーカーのJSCやHimなども含まれている。

 

ベトナム南部では、Song Than第一工業団地で代表的な存在であるThanh Le General貿易会社も含む109の工場が調査されている。

 

一方で、ベトナム中部の都市で調査対象となったのはインフラ整備会社のChu Laiを含む14の工場のみであり、そのうち13の工場はダナン市内にある。

 

2016年に産業廃棄物で魚の大量死を引き起こしたFormosa Ha Thinh製鉄会社は今回の一斉調査の対象には入らなかった。

 

一斉調査にかかる費用は合計で340億5000万ドン(約1億7250万円)と言われており、全て税金で賄われている。

 

水質汚染に対する国民の不満は年々高まっており、資源・環境省は対応に追われている。今後、資源・環境省は経済や産業の中心地だけでなく、山岳地帯にある工場にまで調査を拡大していく見込みだ。

 

 

出典:dtinews.vn

 

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>