ベトナム人男性がベトナムの政党のすいてのデマ情報をFacebookに49回投稿した容疑で逮捕された。

 

水曜日、ホーチミン市で裁判が行われ、社会主義のベトナムで政府を侮辱したとしてデマ情報を流した男に4年半の実刑判決が下された。

 

 

 

今回、実刑判決が下されたのはBui Hieu Vo容疑者(56)で、Facebook上で政府への侮辱発言を繰り返していた。

 

Vo容疑者は、2016年からFacebook上でベトナム政府を侮辱するような記事を投稿していた。ときにはベトナム南部の反政府団体や台湾の団体から依頼されて投稿していたこともあったという。

 

Vo容疑者の記事は影響力が大きく、社会に混乱をきたす恐れがあるとして削除され、アカウントはベトナム当局の監視下にある。

 

昨年の3月、ホーチミン市警察はGo Vap地区のVo容疑者の家を家宅捜索し、パソコン内に保存されていたデマ情報や政府に対する侮辱の記事のデータファイルを押収したという。

 

Vo容疑者は公判で罪を認め、謝罪の意を示した。

 

ベトナムの法律では、反政府の記事をインターネット上に投稿することは違法とされ、最高で20年の懲役が下される。

 

Facebook上でベトナム人が侮辱発言をし、懲役判決が下された事件は後を絶たない。

 

今年の2月、ホーチミン市でHo Van被告が、Facebookに反政府の情報を投稿したとして4年の実刑判決が下されている。

 

また、昨年の11月には22歳のNguyen Van Hoa被告が政府を侮辱するような動画を投稿したとして懲役7年の判決が下された。

 

先月は24歳のPhan Kim Khanh被告が、Facebookにデマの情報を流したとして6年の実刑判決が下されている。

 

去年の7月には40歳のTran Thi Nga被告が、インターネット上に反政府運動を促進するような情報を流したとして懲役9年の判決が下された。

 

さらには、Nga被告の裁判の1ヶ月前にはNguyen Ngoc Nhu Quynh被告は同じく反政府的な投稿をし、10年の実刑判決を下されたという。

 

 

関連記事