Updated 2018年05月15日

ベトナム北部に温暖高気圧が到来、気温上昇か

ベトナムの中部から北部にかけて温暖低気圧が到来し、気温が上昇した。

 

 

温暖な気候は14日から今週末まで続く見込みだ。

 

 

国立気象局のHoang Phuc Lam所長によると、現在ベトナム北部に停滞している温暖高気圧の他に、西から低気圧が近づいているという。

 

低気圧の影響で北部では20日から、中部では21日頃から気温が低下する見込みだ。24日頃からは大雨や雷が予測されている。

 

Thanh HoaからPhu Yen地域にかけての山岳地帯で最高気温が37〜38度になり、その他の地域でも平均気温が35〜37度になるという。

 

今年は温暖高気圧が到来する時期が例年の比べて遅いと言われている。2016年には4月11日に高気圧が到来し、4月の最高気温は39度だった。

 

降雨量は例年に比べて多い。ハノイの4月の降雨量はおよそ100mm〜140mmであり、昨年に比べて70mm〜90mm増加している。

 

また、Nghe An省の4月の降雨量も100mm〜150mmであり、昨年比で50mm〜70mm増加している。

 

Lam氏は「先月到来した寒波の影響で32度以下の日が続いている。5月〜7月は温暖な気候が続き、7月の後半から低気圧の影響で気温が低下するだろう」と述べる。

 

北部では最高気温が39度を超え、Son La省やHoa Binh省などの一部の省では40度を超えた。ベトナム中部では、平均気温が39度〜40度であり、一部地域では平均気温が41度〜42度になった。

 

 

出典:dtinews.vn

 

 

関連記事

Copyright © Poste Co.,Ltd. All rights reserved.