バクザン省、日本から100本の桜を受け取る

社会 社会 2019年03月04日


バクザン省、日本から100本の桜を受け取る

3月1日、ベトナム北部のバクザン(Bac Giang)省人民委員会は、中京地区ベトナム友好協会から桜の木100本が贈呈されたことを歓迎するセレモニーを開催した。

 

在ベトナム日本国大使館の岡部大介公使は演説のなかで、バクザン省の人々が日本を象徴する桜を楽しんでくれることを願っていると述べた。

 

 

岡部公使はバクザン省と中京地区ベトナム友好協会の関係がさらに強化されることに対して期待を示した。

 


バクザン省人民委員会副委員長のLe Anh Duong氏は、日系企業から投資された23件のプロジェクトにより、数千人分の雇用が生み出されたと話した。


同氏は中京地区ベトナム友好協会に対し、桜の木を植えるための技術や日系企業がバクザン省でビジネスをする機会を提供するよう要請した。


2015年〜2018年にかけて、中京地区ベトナム友好協会はバクザン省に600本以上の桜の木を寄贈している。


今回のセレモニーに合わせ、桜の木のプロジェクトに関する記念碑が設置された。今回寄贈された桜の木はYen The区に植えられる予定だ。


バクザン省人民委員会は中京地区ベトナム友好協会に対し、Vinh Nghiemパゴダと修行僧のTran Nhan Tongをイメージした像を贈呈したという。

 

出典:SGGP

 

関連記事

 

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>