13日、ベトナム人技能実習生が京都の建設現場で転落死した。

 

ベトナム人男性は中京区の高層マンション建設のため足場を組む手伝いをしていたという。なお、諸段階の調査で被害者の名前や年齢は明らかにされていない。

 

Vietnam Plusの報道によると、同男性は10階〜2階へと約20メートル下に転落したという。

 

その後、病院に搬送されてから6時間後に死亡が確認された。警察は事故の原因を追求している。

 

海外労働省が発表した統計情報によると、昨年、日本はベトナムからの移住労働者にとって最も人気の国となり、6万8700人以上のベトナム人が日本で仕事を探しているという。

 

日本の入国管理局によると、在留ベトナム人技能実習生は前年比30%増の16万4499人に上り、中国を追い抜いたという。

 

出典:VnExpress

 

関連記事