韓国系デリバリーサービス企業、Vietnammm買収でベトナム市場進出

政治・経済 政治・経済 2019年05月20日


韓国系デリバリーサービス企業、Vietnammm買収でベトナム市場進出

韓国最大のフードデリバリーサービス「Baemin(配達の民族)」を運営する会社が地場企業のベトナムエムエム(Vietnammm)を買収し、ベトナムに進出した。

 

今週初め、VietnammmのFacebook公式ファンページはBaemin Vietnamに変更されたことが確認されている。

 

Vietnammmは、今後の通知があるまでBaemin Vietnamと並行して事業を継続していく述べた。

 

韓国で配送プラットフォームを展開するBaedal Minjokとその子会社のBaeminを所有する韓国企業のWoowa Brothersは、2月にVietnammmを買収した。

 

2018年にWoowa Brothersは3億2000万ドルの資金を調達し、26億ドル(約2864億円)の評価額で韓国のユニコーン企業になった。同社によると、新しい資本でベトナムを含む海外市場に進出する予定だという。

 

Vietnammmは2011年2月に設立され、ベトナムのフードデリバリーサービスの先駆者的存在だ。

 

2015年、ベトナムエムエムはオランダのフードデリバリーサービスTakeaway.comからの資金援助で、配達サービス会社のFoodpandaのベトナム事業を買収した。

 

新規参入企業のBeaminは、ベトナムのデリバリー市場で国内外の企業との激しい競争に直面することになるだろう。

 

昨年6月、GrabFoodが新規参入したことにより市場での競争が激化し、1月には同社のサービスで注文数が25倍に急増したという。

 

インドネシアのGo-Jekの関連会社であるGo-Vietと現地企業Nowは、市場シェアを拡大​​するために定期的なプロモーションを開催している。

 

配達サービスの潜在的可能性は高いという意見も依然として多い。市場調査企業GCOMMによると、600人のデリバリーアプリ利用者を対象とした調査によると、99%の利用者が月に2〜3回オンラインで食べ物を注文しているという。

 

市場調査企業のEuromonitorによると、昨年のベトナムのフードデリバリーサービスの市場規模は約3300万ドル(約36億円)の売上があり、来年は3800万ドル(約41億円)に達すると予想される。

 

出典:VNExpress

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>