<3日、サイゴン裁判所でのVu Hong Son(青いシャツ)被告、Tran Thi Luong被告、そしてDo Duy Khanh被告の様子(写真提供:Hai Duyen)>


3日、2014年に6kgの麻薬を売買したとして逮捕されていた女性を含む4人に対して、ホーチミン市人民裁判所は死刑判決を言い渡した。


Le Thi Kim Anh被告(37)と40代のVu Hong Son被告、Tran Thi Luong被告、Do Duy Khanh被告は、「麻薬取引法違反」で逮捕されていた。


また、そのほか40歳と34歳の女性2人の共犯者が、同罪状で禁固20年と18年の刑を宣告された。


主犯のSon被告は「麻薬性物質の違法所持」および「軍用武器の違法所持」の罪でも有罪とされた。


2014年6月、ホーチミン警察は1kgのヘロインを所持していたKhanh被告を路上で逮捕、同被告を通じて組織の他メンバーを捜し出した。


さらに同警察は、Son被告とLuong被告が銃、実弾2箱、ヘロイン2kgを所持している事を確認した。 Son被告はカンボジアで銃を買ったと証言している。 Luong被告は武器関連の罪には問われていないという。


Som被告は身元不明の麻薬販売人からヘロインを購入したと語った。


同警察にSon被告は、共犯者と共に合計6kgのヘロインを同じ販売元から購入したと証言した。同被告は1890錠のエクスタシーを購入し、顧客を見つけている間、Luong被告にすべての薬物を預けていたという。 しかし、実際に販売を開始する前に組織は捕らえられた。


ベトナムには世界でも厳格な薬物取締法が存在している。600gを超えるヘロインまたはコカイン、または2.5 kgを超えるメタンフェタミンを所持や密輸した場合、有罪判決は死刑となる。ヘロイン100gまたはその他の違法な麻薬300gの製造販売も同様に死刑判決を受ける。

出典:VNEXPRESS

関連記事