フォーブス誌、べトナム上場企業トップ50社にベトジェット選出

政治・経済 政治・経済 2019年08月19日


フォーブス誌、べトナム上場企業トップ50社にベトジェット選出

<フォーブスのベトナム上場企業トップ50社に選出されたベトジェット・エア(写真提供:Source: VNA)>

 

8月15日にホーチミンで行われた2019年フォーブス授賞式で、ベトナム大手格安航空会社のベトジェット・エア(VJC)がベトナムの上場企業トップ50社に選出されたという。

 

今年の上場企業トップ50社には、ホーチミン証券取引所、ハノイ証券取引所などの証券会社や、ビナミルク、ビア・サイゴン、FPTジャパンホールディングス、DHG、保険会社Bao Viet、Vingroupなどが選出されたという。

 

今年の上位50社は、利益年間増加率、自己資本利益率、2013年から2018年までの1株ごとの価値、会社の質、利益率、持続可能であるかなどを基準に選出された。

 

フォーブスによると、50社の総資本は940億ドル(約9兆900億円)となり、ホーチミン証券取引所、ハノイ証券取引所の時価総額の63%を占めているという。

 

ベトジェット ・エアは、2017年2月にホーチミン証券取引所に上場してから3年連続の受賞となった。

 

ホーチミン証券取引所に上場してからベトジェット ・エアの株は投資家から注目を集め、上場1年目で巨大上場企業トップ30に加わったという。

 

ベトジェット・エアの今年上半期の収益は、22%増加して20.14兆ドン(約900億円)となった。

 

また、税引前利益が前年比16%増の1.56兆ドン(約68億円)となった。

 

今年の上半期、ベトジェット・エアはベトナム国内の航空市場の45%を占める6万8820便以上を運航し、乗客数は1350万人にのぼったという。

 

ベトジェット・エアはベトナムの航空市場の44%のシェアを獲得しており、ベトナム国内での影響度がフォーブスに選定された背景にあったとされている。

 

出典:SGGP
 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>