ホーチミンの韓国料理のおすすめはどこ?|1区や7区のお店も紹介

ホーチミンの韓国料理のおすすめはどこ?|1区や7区のお店も紹介

実は、多くの韓国人がベトナムに在住するベトナムでは、韓国料理レストランの数も多く、本場さながらのクオリティの料理を提供してくれるお店も多いんです!

そこで今回は日本人にもおすすめの韓国料理店を紹介したいと思います!!

肉厚なお肉を味わえる韓国焼肉やアツアツの鍋などをホーチミンで楽しんでみてはいかがでしょうか?

東京純豆腐(東京スンドゥブ)

東京スンドゥブは、高島屋の入居するサイゴンセンターの5階にある韓国料理レストラン。

その名の通り、熱々でピリッと辛いスンドゥブチゲが味わえる専門店です! 日本では北海道から九州・沖縄をはじめ、シンガーポールや台湾など世界的にも進出しています。

スンドゥブチゲは、その独特の風味とヘルシーさからブームとなっているらしく、現在ロスやニューヨークなどでも人気が高まっているのだとか。

国産大豆を使用し、フワフワでコクのあるスンドゥブ専用のお豆腐と、動物系のスープに厳選された魚介系と野菜をベースに、タテギと呼ばれるとうがらしベースの韓国調味料をブレンドしたオリジナルスープの組み合わせはくせになること間違いなしの味。

詳細情報

ウォンズクイジン(Won's Cuisine)

「ウォンズクイジン(Won's Cuisine)」はホーチミン1区にある韓国料理店です。本格的な韓国料理が気軽に楽しめると日本人にも大人気です。

メニューは韓国風の鍋やスンドゥブ、餃子、キンパ(韓国風海苔巻き)など豊富に揃えてあります。

特に麺メニューの種類が豊富で、定番の冷麺やキムチラーメン、韓国風ちゃんぽんも用意されています。

焼肉メニューには、骨付き豚肉から牛焼肉まであります。

さらにスンドゥブチゲが12万ドン(約600円)、キンパが8万ドン(約400円)とお手頃価格で楽しむことができます♪

「ウォンズクイジン」は、韓国コスメを販売する化粧品ショップ「ザ・セム(the SAEM)」の2階部分に位置しています。

店内はカジュアルな雰囲気で、友人との食事にピッタリです。

ウォンズクイジン 詳細情報

アリラン(Arirang Korean BBQ Restaurant)

「アリラン(Arirang Korean BBQ restaurant)」はホーチミンに2店舗構える韓国焼肉レストラン。

1区・ドンコイ通りと7区・フーミーフンにお店があり、ホーチミン在住の日本人の間でも有名なんだとか。

メインメニューは炭火を使った焼肉ですが、チヂミやチゲなどの単品料理もおいしいと評判です!

料理を頼むと必ずセットでついてくるキムチも日本人の口によく合う味付けです◎

アリラン ドンコイ通り店 詳細情報

アリラン フーミーフン店 詳細情報

ボーンガ(BORNGA)

「ボーンガ(BORNGA)」はホーチミン1区にあるビンコムセンターのすぐ近くにある韓国焼肉レストランです。

ベトナム・ホーチミンの他にも、世界各国に支店を展開し、本格的な韓国料理を提供しているお店です。BORNGAとは韓国語で「本家」を意味し、伝統的な韓国料理の味を世界中に広めていきたいという思いで名付けらたそうです。

 

「ボーンガ」の看板商品は豚肉と牛肉のサムギョプサル。店員さんが目の前でお肉を焼いてくれるスタイルのため、焼き加減などを気にせず集中してお肉を味わうことができます。また、サムギョプサルはもちろん、冷麺やチヂミ、プルコギもおいしいと大好評。

しっかりと区切られた個室も用意されているので、接待や宴会などでも利用できます。

ボーンガ 詳細情報

チェゴ ジプ(Choi Go Jip)

「チェゴ ジプ(Choi Go Jip)」はホーチミン1区にある韓国焼肉レストランです。リーズナブルな価格で本格的な韓国料理が食べられると日本人の間で大人気のお店。

メインメニューは焼肉ですが、あつあつフワフワの豆腐が入ったスンドゥブチゲやツルッとした喉越しの冷麺、よく混ぜて食べると美味しいビビンバも用意されています。

店内には高級な雰囲気が漂い、小さな個室から30人前後が収容可能な大きな個室まで用意されており会食でのご利用にも最適。

チェゴ ジプ 詳細情報

【次のページ】
焼肉&ライスのセットが約700円のお店も!!



行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板