ハノイで美味しいおかゆなら「アンナムチャオ」

ハノイで美味しいおかゆなら「アンナムチャオ」

「最近胃が疲れているな」と感じているハノイ在住の方におすすめなのが、ベトナム風のおかゆ。

日本のおかゆよりは少し味がしっかりとついていて満足感ありのベトナム風おかゆは、現地の人にも愛されるベトナム料理です。

毎晩のように味の濃い食事とビールを味わっている方は、お粥で胃をお休みさせてあげましょう♪

ベトナム風のおかゆが味わえる「アンナムチャオ」

ハノイの西湖から車で約5分ほどの位置にある「アンナムチャオ(An Nam Chao)」はちょっぴり豪華なおかゆが楽しめるローカルレストラン。

ハノイに3店舗を構える「アンナムチャオ」は清潔感のある店内で地元の人にも大人気です。

おかゆは消化にもよく疲れた体を癒すにはもってこいの食事です。

店前・店内

店前はこんな感じです。

最近移転し、「TakiTaki」という日本食のレストランと同じ建物になりました。

 

横の看板には「アンナムチャオ」の文字が書かれています。

1階のみが「アンナムチャオ」でそれから上の階は「TakiTaki」になっています。

 

店内はこんな感じです。

男性もいますが、どちらかと言うと女性のお客さんが多いかもしれません。

メニュー

おかゆは約7万ドン〜です。

豚肉や鶏肉、牛肉を使用したおかゆが多いです。

 

おかゆのみならず「コムスオン(Com Suon)」などのご飯ものもあります。

 

サイドメニューやドリンクメニューも豊富です。

中には春雨と鰻炒め「ミエンルオンサオ(Mien Luon xao)」などもあります。

 

タピオカやお茶、コーヒーからお酒まで様々な飲み物があります。

食事後は、おしゃべりしながらちょっぴりお茶会なども良いかもしれませんね。

 

料理

「チャオアンナム(Chao An Nam)」は6万ドンです。

オーソドックスなスタイルが好きな方はこちらがおすすめ!

自分の好みに合わせて味の濃さを調整することができます!

 

「チャオガーハットセン(Chao ga hat sen)」は鶏肉とハスの茎のお粥で11万1000ドンです。

見た目にインパクトのある鶏肉が食欲をそそりますね。

上に乗っているのはハスで、食感のアクセントになりとても美味しそうです!

 

「チャオナムンゴー(Chao nam ngo)」はコーンとキノコのお粥で6万ドンです。

コーンの甘みがお粥に染み出していて美味しそうです。

 

「チャオスオンガオ(Chao xuon gao)」はスペアリブのお粥で7万ドンです。

スペアリブが入っていることもあり、少し味は濃いめかもしれません。

豚肉が好きな方にはおすすめです!

 

「ガンサオ(Gan xao)」はレバー炒めで8万5000ドン。

レバーを少し濃いめのソースと和えたものです。

お粥じゃもの足りないと思った方にはおすすめ。

 

「ミエンルオンサオ(Mien Luon xao)」は春雨とうなぎの炒め物で8万5000ドンです。

ハノイではローカルのお店などでよく食べられます。

日本の鰻とは少し味や見た目が異なりますが、「ベトナムならではの味」ですね!

まとめ

ベトナムでお粥といえばローカルの外で食べるイメージですが、「アンナムチャオ」は店内で落ち着いて食事をすることができます。

毎日仕事や付き合いで食事の質や健康面は見落としがちですよね。

たまには優しい食事で胃をお休みさせることも忘れないようにしましょう♪

An Nam Chao詳細情報

 

※この記事に記載されている情報は2021年5月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板