ホーチミン、洪水対策で地下貯水池建設を計画

2019年08月22日 00時00分 公開
ホーチミン、洪水対策で地下貯水池建設を計画

<現在、ホーチミン市のトゥドゥック区に建設作業中の貯水池(写真提供:SGGP)>

 

ホーチミン市の2020年までの計画によると、洪水対策に向けた地下貯水池計画を立てるという。

 

現在、ホーチミンでは4カ所で貯水池が建設されている。トゥドゥック区のVo Van Ngan通りに沿いで建設中の貯水池は日本のクロスウェーブ技術を使用しているという。タンビン区のBau Cat、4区のKhanh Hoi、トゥドゥック区Go Duaでも貯水池が建設されている。

 

ホーチミンの都市洪水制御プログラム運営センターは、現在、2000万ドル(約21億7000万円)規模の投資を行い、新たに貯水池を5つ建設におけるホーチミン人民委員会の承認を待っているという。
タンビン区のHoang Van Thu公園、Go Vap区のGo Vapフラワーパーク、10区のTran Thien Chanh、フーニャン区のPhan Xich Long通り、ビンタンクの第25地区の警察署構内が貯水池建設の候補地として挙げられている。

 

貯水池にはポンプ設備や排水溝が設備される予定で、洪水の発生回数が減少することに繋がることが期待されている。

 

出典:SGGP

 

関連記事

 

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories