ベトナム:5月前半の空気の質は良好

ベトナム:5月前半の空気の質は良好

<写真:Pixabay>

 

ベトナム環境総局によると、多数のベトナム都市部で、5月前半の空気の質が良好だったという。

 

ベトナム資源・環境省傘下の環境総局は、ハノイやホーチミンをはじめとするベトナムのほとんどの大都市圏において、5月前半の空気質指数(Air Quality Index)が平均レベルだったと述べた。

 

同局によると、ハノイのPM2.5(微小粒子状物質)の濃度は他の地域よりも高いレベルが観測されたが、空気質指数は51〜100の平均レベルだったという。

ベトナム全土で夏が始まるとともに、雷雨や暴風などによって汚染物質が大気中に分散された結果、各地で空気の質が改善したとみられている。

 

さらに同局は、特別な気象条件下を除き、今後数ヶ月間の都市部の空気の質はかなり良好なレベルに留まるとの見解を示している。

 

今年3月、4月にも複数のベトナムの都市部において空気の質の改善が見られたが、これは国内で講じられていた社会隔離措置によるものだとしている。

 

 

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories