ホーチミン:市内27ヵ所のホテルを隔離施設へ、国際線再開に向けて

2020年09月16日(水)14時44分 公開
ホーチミン:市内27ヵ所のホテルを隔離施設へ、国際線再開に向けて

<写真:Vietnam Plus>

 

ホーチミン市保健局によると、同市への入域後に隔離が講じられる人向けに、市内27ヵ所のホテルを有料隔離施設として使用する方針だという。

 

同局のNguyen Tan Binh局長は、ベトナム政府が、日本などを含む6都市(東京・広州・ソウル・台北・プノンペン・ビエンチャン)を対象に国際線再開を承認したことについて言及し、再開されれば多くの人が入国するだろうと話した。

同局は、国際線再開によりベトナムに入国予定の人々に対し、ホーチミン市内27箇所のホテルを有料隔離施設として使用できるよう観光当局と調整中だという。

 

対象となるホテルでは、入国後に隔離期間を過ごす人々を受け入れることに前向きであり、同市の疾病管理センターと保健機関が定めた、新型コロナウイルス感染拡大防止のための安全基準の確保に努めるという。

また、対象のホテルの利用料金は、客室の空室状況によって変動するとされ、利用希望者は自ら部屋を選ぶことができるという。

ホーチミン市では、有料隔離施設として利用予定のホテルと、その中でも軍が管理するホテルの料金について、財務省がガイドラインを決定するのを待っている状況だという。

 

同市人民委員会のLe Thanh Liem副委員長は、保健局と観光局に対し、有料隔離施設としてのホテル利用のプロセスについて確認するよう指示した。

また、同副委員長は、必要に応じてより多くのホテルも利用可能にするべきだと話した。

 

同氏によると、ホーチミン市内の隔離施設と27箇所のホテルには、約3000人が収容できるという。

 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories