ベトナム政府が3月以来の国際線再開を承認、日本など6都市対象 

2020年09月15日(火)21時03分 公開
ベトナム政府が3月以来の国際線再開を承認、日本など6都市対象 

ベトナム政府は公式ポータルサイトで、ファム・ビン・ミン副首相が運輸省の日本を含む6都市を対象とした国際線の運航再開に関する提案を承認したと発表した。

 

9月15日より運航再開が承認されたのは、東京・広州・ソウル・台北で、その1週間後の9月22日からはプノンペンとビエンチャンとの国際線の運航再開も承認される。

 

当面、1路線あたり最大週2便までの運航で、新型コロナウイルスの感染状況に応じて増便が検討される見込み。

1便あたりの最大搭乗人数やその他の入国要件に関しては、運航再開対象の国と地域の政府との合意に基づくという。

 

ベトナム共産党のホーチミン共産青年団ホーチミン市支部の機関紙「tuoitre」の報道によると、飛行機に搭乗する際には、出発日から3日前以内に発行された新型コロナウイルス陰性証明書の提示が必要となる。

乗り継ぎ客の利用は認められない。

 

※随時更新

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories