ホーチミン1区・ビンタン区などで薬物組織一斉摘発、15人逮捕

2020年10月28日(水)11時04分 公開
ホーチミン1区・ビンタン区などで薬物組織一斉摘発、15人逮捕

ホーチミン市警察と公安省職員らが麻薬組織の一斉摘発を行い、麻薬組織のメンバーと見られる15人を逮捕した。

 

VNエクスプレスの報道によると、一斉摘発は23日(金)に、ホーチミンで日本人を含む外国人が多く居住する1区やビンタン区をはじめ、トゥードゥック区やビンズン省、タイニン省で行われ、警察など100人以上が動員されたという。

摘発では合成麻薬100キロ以上、ヘロイン10キロ以上など大量の違法薬物が押収された。

 

押収された薬物はカンボジアから密輸されたとみられており、警察は詳しく捜査を行っている。

 

ホーチミンは、世界第2位の密造地域「ゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)」の中間地点に位置していることから、違法薬物取引の拠点となっているという。

「ゴールデントライアングル」とは、タイ・ラオス・ミャンマーの国境をまたぐ地帯にある違法薬物の一大生産地だ。

ホーチミンを拠点に違法薬物が台湾やフィリピン、マレーシア、韓国、ヨーロッパ、オーストラリア、ラテンアメリカなどに密輸出されているという。

 

ベトナムでは世界でも厳格な薬物取締法があり、600gを超えるヘロインまたはコカイン、または2.5 kgを超えるメタンフェタミンを所持や密輸した場合、有罪判決となれば死刑判決となる可能性がある。

ヘロイン100gまたはその他の違法な麻薬300gの製造販売も同様に死刑判決を受ける可能性がある。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板